【マリオット】20代若者がGo to キャンペーンでプラチナ獲得を目指す

2020年8月23日

アイキャッチ

今回は先日詳細が発表され7月22日からスタートする「Go Toキャンペーン」を活用し、マリオットボンヴォイ プラチナステータス獲得を目指すお話です。

ペペロンチーノ
ペペロンチーノ
今年は例年よりもかなりお得にプラチナステータスになれるかもしれません

筆者のように、SPGアメックスを取得したばかりの20代の方や、お値段からプラチナステータスを諦めていた方必見です!

またとないビックチャンス、筆者もプラチナステータス獲得を目指そうか検討中です!

当ブログでは他にも関西を中心にホテルレビューをしております。「ホテルの記事一覧」よりご覧いただけると嬉しいです。

それでは紹介していきます。

プラチナステータスの獲得方法

まずは具体的なプラチナステータスの獲得方法をご紹介します。

プラチナ会員になる方法は以下の2つです。

  1. 年間50泊する
  2. プラチナチャレンジで4ヵ月弱で16泊する

通常は1番目のように、年間50泊しなければ(SPGアメックスを保有している方は特典で5泊分実績が付与されるので45泊)プラチナ会員にはなれません。

しかし、2番目に挙げた「プラチナチャレンジ」を行えば16泊だけでプラチナ会員になることができます。

すでにプラチナ会員になりたい人向けの記事ですので、プラチナ会員の特典のご紹介は割愛させて頂きます。

プラチナチャレンジの概要

この記事を読んで下さっている方の多くは、プラチナチャレンジについてすでに知っている方も多いかと存じますので、軽くおさらい程度にさせて頂きます。

主なプラチナチャレンジの概要は以下の通りです。

  1. 期間:宣言した月+3ヵ月(月初め2日に申請すれば4ヵ月弱)
  2. 条件:16泊以上
  3. 対象者:3年以内にプラチナチャレンジをしていない

これだけの条件を達成すればプラチナ会員になれるのはとてもお得ですよね。

ですがプラチナチャレンジにも注意点があり、以下の点を守らないと宿泊実績がつかないため注意が必要です。

  1. ポイント宿泊は無効
  2. 公式サイトからの予約のみ

あくまで身銭を切って、公式サイトから予約しなければならないということです。

 

いくらお得にプラチナ会員になれると言えど、筆者のような20代の若者に16泊は厳しい数字です。

1泊1万円としても、16万円かかる計算になります。マリオットも高級ホテルの部類に入るため安く済ませても20万円は見たほうがいいでしょう。SPGアメックスを保有している人で、ポイント還元が受けられるとしてもそれだけのお金が必要なことに変わりありません。

悩み
悩み
お得と分かっていても、そんなお金は出せない

と諦めていた人も多いのではないでしょうか。筆者もその1人です。

ですが、今回「Go To キャンペーン」が始まるということで激安でプラチナチャレンジができる可能性が高まってきました。

Go To キャンペーンの概要

それでは7月22日からスタートするGo To キャンペーンの主な概要を見ていきます。

  1. 国内旅行を対象に50%OFF
  2. 35%が直接割引され、15%分のクーポンが貰える
  3. 割引額は2万円が上限
  4. 連泊や利用回数の制限なし
  5. 宿泊施設に直接予約も対象

観光庁 Go To トラベル事業関連情報より)

プラチナチャレンジを考える上で大きなポイントは「連泊や利用回数の制限なし」「宿泊施設に直接予約も対象」といった点です。

まさにステータス修行をしてくださいと言わんばかりの条件ですが、この2つのおかげでプラチナチャレンジを激安でできるというわけです

注意

宿泊+交通機関のセットプランなら交通機関も割引対象になりますが、マリオットボンヴォイ公式にはセットプランの設定がないため、宿泊のみしか割引が適用されません。

 

これなら単純に考えて50%OFFなので、先ほどの1泊1万円16万円かかる費用が実質8万円で済むかもしれないということです。さらにプラスしてポイントも獲得できます。

しかし、まだ発表されたばかりのGo To キャンペーン。いくつかプラチナチャレンジをする上で懸念点があります。

懸念点1 Go To キャンペーンの早期終了

まず最大の懸念点はGo To キャンペーンが早期に終了してしまう可能性です。

観光庁のGo To トラベル事業の概要によれば「旅行需要の平準化に向けた取組」として有給休暇の積極的取得や、ワーケーション、滞在型旅行の広報と合わせて、2021年春ごろまでキャンペーンを行う予定になっています。

ですが、事業規模1兆円の本キャンペーン。利用する人が多くなればなるほど早期終了してしまう可能性があります。

 

ちなみに22日以降の既に予約済みの旅行に対しても、旅行後の申請により割引分の還付を受けることができます。

Go Toキャンペーンで安く泊まれる!と飛びついていざ旅行後に申請しようとしたら、終了してしまっている可能性もあり得る話です。22日以降であっても、予約時点で割引が確約されるかも定かではないので注意が必要です。

ちなみに旅行後の割引の還付を受けるには以下の書類を郵送もしくはオンラインで提出する必要があります。

  1. 申請書(事務局HP/宿泊施設で入手)
  2. 領収書
  3. 宿泊証明書
  4. 個人情報同意書(事務局HP/宿泊施設で入手)

宿泊証明書が聞きなれない言葉ですが、チェックアウトの際は必ず「領収書」と「宿泊証明書」を貰うようにしましょう。

懸念点2 コロナウィルスの感染拡大

次に懸念されるのはコロナウィルスの感染拡大です。7月時点で東京や大阪では感染者数が増えており、Go To キャンペーンを行うこと自体を疑問視する声も上がっています。

それでも、ステータス修行のため宿泊されるかどうかは個人の自由ですが、最悪の場合ホテルが休業してしまう可能性があります。

 

実際に、4月5月の緊急事態宣言時には多くの国内マリオット系列ホテルで臨時休業の措置が取られました。

こうなってしまうと、予約が強制キャンセルされお得に泊まるどころか、プラチナチャレンジを達成すること自体も危うくなってしまいます。

とは言うものの、こればかりは運任せな部分もあるため見極めが難しいですし、私自身も二の足を踏む要因だったりします。

 

運任せな以上、感染拡大しないように以下の点を守りながら修行したいなと、個人的には考えています。

  1. ホテルでのステイケーションを楽しむ
  2. 他府県への移動を伴う修行はなるべく控える
  3. 食事はテイクアウトをなるべく利用する
  4. なるべく前日までキャンセル可のプランを利用しリスク回避

懸念点3 ホテル価格の上昇

次の懸念点はGo To キャンペーンによりホテルの価格が上昇してしまうのではないかという点です。

単純に旅行の需要が上がれば、おのずと宿泊料金も上がります。これまでの例から16万円が8万円でプラチナチャレンジできるとします。しかし、いつも1泊1万円のホテルが2万円に価格を吊り上げてしまえば、結局プラスマイナスゼロになってしまうわけです。

こればかりは個々のホテルによって異なるため、一概には言えませんが十分あり得る話です。

マリオット系列は基本的に極端な価格のつり上げを行う印象はありませんが、懸念点1,2も踏まえキャンセル料のかからないプランなどを早めに抑えておくといいかもしれません。

懸念点4 マリオットボンヴォイがGo To キャンペーンに参加しない

これまでの懸念に比べると小さいですが、これまでの話はそもそもマリオットボンヴォイがGo To キャンペーンに参加事業者として登録されることが前提の話になります。

Go To キャンペーンの対象外になってしまえば全く無駄な話です。

この点に関しては、参加しないことはマリオットにとってデメリットしかないため可能性は低いと考えます。国が割引を行うので、マリオットが身銭を切って割引く必要がないためです。

基本的にマリオットはフランチャイズ提携なので、運営元の判断でホテルごとに対応が分かれる可能性も考えられます。

懸念点5 地域共通クーポンを利用しきれない

これに関しても、これまでに比べると小さな懸念ですが、ホテルの宿泊回数が増えればGo To キャンペーンで貰える「地域共通クーポン」を使い切れない可能性があります。

地域共通クーポンの概要は以下の通り

  1. 旅行代金の15%分
  2. 1枚1000円単位の商品券(お釣りなし)
  3. 宿泊施設・旅行代理店で配布
  4. 使用期限は旅行期間中
  5. 旅行先の都道府県+隣接都道府県で使用可能

観光庁 Go To トラベル事業関連情報より)

これまでの例、1泊1万円で例えると15%相当なので1500円。1000円未満は四捨五入されるので2000円分貰えることになります。

この2000円クーポンを対象店舗で1泊2日中に使い切らなければ旅行代金の50%還元にはなりません。

恐らく宿泊のみだどチェックイン時に貰えることになりそうです。プラチナチャレンジのように何回も宿泊しているとうっかり使い切るのを忘れたり、対象店舗が限らている場合だとワンパターンな活用しかできない可能性があります。

プラチナチャレンジでのクーポン活用となると、飲食に充てて食費を浮かす使い方が1番良さそうです。

注意

地域共通クーポンの実施は9月1日以降別途でアナウンスされる日になります。9月頃までクーポン配布はありませんのでご注意ください。

激安プラチナチャレンジを実現できそうなホテル

具体的に例に近いような激安宿泊費でプラチナチャレンジができそうなホテルを調べてみました。

東京はGo To キャンペーンの対象外になるようなので、東京都以外で挙げていきます。

  1. フォーポイントバイシェラトン函館 最安:6650円
  2. フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波 最安:7695円
  3. モクシー大阪本町 最安:6500円
  4. フェアフィールド・バイ・マリオット札幌 最安:7056円
  5. 琵琶湖マリオットホテル 最安:8400円
  6. フォーポイントバイシェラトン名古屋 最安:7400円

上記価格はあくまで参考価格のためご了承ください。

こちらに挙げた価格はGo To適用前の価格のため、適用になった場合はここから35%OFFされ9月以降ならクーポンが貰えます。最も安いモクシー大阪本町では、うまくいけば3250円で泊まれる可能性があります。

個人的なオススメは7月1日開業の「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」かなと思います。

他のホテルは前払いキャンセル不可で最安になっている場合が多いですが、フェアフィールド難波に関しては、オープン記念価格で最安のためキャンセルが前日までできます。「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」がどんなホテルか気になる方は別記事でホテルレビューを行っているので、ぜひご覧ください。

関連記事:【2020年7月開業】20代若造のフェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波 ホテルレビュー宿泊記

これまでに挙げた懸念点からも、なるべくキャンセルしやすく尚且つ安いということでオススメさせて頂きました。

また9月には「モクシー新梅田」10月には三重・岐阜・栃木に「フェアフィールド・バイ・マリオット」と、低価格帯のホテルが続々登場するので、一層激安プラチナチャレンジがしやすくなりそうです。

 

memo

上記ホテルをさらに安く宿泊する手段として、ハピタスなどポイントサイト経由で予約すると更にポイント還元を受けることができます。4%のポイント還元を行っているため、SPGアメックスと併用すればポイントの二重取りが可能です。

お試しでない方はぜひこちらから会員登録の上、予約してみてください。

まとめ

激安プラチナチャレンジでマリオットボンヴォイ プラチナステータスを獲得する方法でした。

要点をまとめると

  1. Go To キャンペーン活用で16万円→8万円に
  2. Go To キャンペーンの早期終了に注意
  3. 感染拡大に注意
  4. ホテル価格の上昇に注意
  5. なるべくキャンセルしやすいプランを選ぶ
  6. Go To適用前で1泊1万円以下のホテルがベスト

まだまだ未発表の部分や、制限が追加されたりと「Go To キャンペーン」に関しては不明点も多いです。

今後の情報に注意しながらも、上手に活用していきたいところです。

 

筆者も9月頃からプラチナチャレンジを初めて見ようかと計画中です。

また本ブログやTwitterで情報を発信していきたいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。