【作品紹介】1/100 MG フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)の改修ポイントの紹介

アイキャッチ

今回は私が製作した「1/100 MG フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)」の主な製作ポイントをご紹介していきます。

4年前のキットになりますが、重武装かつコアブロックシステムが再現されていたりとボリュームたっぷりのキットです。
今回はスタイル改修やディテールアップを加えつつ、オリジナルのカラーリングで仕上げてみました。
製作は大変でしたが、十分見ごたえのある迫力ある出来に仕上がりました。

同キットの製作の参考にして頂けたら嬉しいです。
それではご紹介していきます。

フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)のカラーリング

フルアーマーガンダム

今回はオリジナルカラーリングということで、1からカラーリングを考案しました。
宇宙専用ということもあり、ブルー系を基調としたカラーリングに仕上げています。

以下、塗装レシピになります。

  1. グレー部:クレオス エクストラダークシーグレー
  2. ホワイト部:ファンデーションホワイト
  3. ブルー部:NAZCA コバルトバイオレット
  4. 関節グレー:ニュートラルグレー3
  5. 関節グレー2:NAZCA ジョイントグレー
  6. 武器等:舞鶴海軍工廠標準色

今回、下地は全てサーフェイサーエヴォを使用しています。
サーフェイサーのポイントや、私が良く使うオススメサフは別記事で解説しているので、興味のある方はご覧いただけると嬉しいです。
関連記事:ガンプラに使える4つのラッカー塗料【サフ・下地編】

フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)の頭・胴体改修ポイント

頭・胴体

頭部の改修ポイント

頭部はより小顔に見えるように、フェイス部分の裏側を削り込んでいます。
これにより、中心部分に小顔効果が生まれます。

また、頭が埋まっている感じがしたので、首をプラ板で1mm延長しています。

センサー部は今回、ハセガワのホログラムシートを使用しています。

胴体の改修ポイント

胴体は基本的にキットのまま、一部ディテールの作り直しやスジボリを追加しました。

また外装アーマーを中心に固定用ボルトという設定で丸モールドを追加しています。

フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)の腕改修ポイント

腕
腕に関してもほぼキットを活かし、モールドの掘り直しをしています。

腕が長く感じたため、二の腕を1mm短縮しました。

また、サンボルキットの特徴とも言える関節カバーを今回はあえて撤廃。
こちらの方が見慣れているだけでなく、全体の密度感のアップにつながるとの考えからです。
それに伴い、二の腕部分の外装がスカスカになるため、プラ板でフレームを幅増して固定しています。

フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)の脚改修ポイント

脚

脚はモールドが少なめに感じたため、太ももを中心にスジボリを追加しました。
また外装アーマーを中心にプラチップなどでディテールアップしています。

脚についても腕部同様に、関節カバーを撤廃しています。

フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)の武器改修ポイント

武器1
武器2

武器はディテールに合わせて細かく塗り分けをしています。
ロケットランチャーとツインビームライフルには差し色にイエローを入れています。

ツインビームライフルの基部は、丸モールドを追加し、こちらも細かく塗り分けています。
また、砲身の合わせ目を消しました。

まとめ

サンボルガンダム

「フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)」の改修ポイントのご紹介でした。

かなりのボリュームのキットで製作は大変でした。
シールド4枚の塗り分けはかなり堪えました(笑)
ですが、その分達成感も得れましたし、自信にもつながったのでいい経験になりました。

また作りたいかと言われると微妙ですが楽しかったです。

本キットの製作について、気になる点や疑問点があれば気軽にお問い合わせください。
また本ブログでは他にも、模型のHowtoや私が製作した作品のポイント紹介などを行っています。
興味のある方は「模型の記事一覧」より、ご覧いただけると嬉しいです。

ガンプラの製作代行についてはこちら

ご覧いただきありがとうございました。