料理が少ない?JWマリオット奈良のエグゼクティブラウンジをご紹介 ホテルレビュー宿泊記

2020年9月25日

アイキャッチ

おいしいお酒が飲めるラウンジ大好きペペロンチーノです。普段はあまりお酒飲みませんが…

今回は7月22日に開業した日本初進出ブランド「JWマリオット・ホテル奈良」の滞在記をお届けします。

本記事ではJWマリオット・ホテル奈良のエグゼクティブラウンジの内装や、各フードプレゼンテーションの内容、実際に利用してみた感想まで余すところなくご紹介いたします。
ラグジュアリーな落ち着きあるリビングルームは、関西圏のホテルラウンジでも最上級の仕上がりでした。
ですが実際のラウンジの内容はちょっと厳しい部分もありそうです。

それでは紹介していきます。

JWマリオット・ホテル奈良のエグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジ

JWマリオット・ホテル奈良のエグゼクティブラウンジはホテルの2階にあります。
2階は会議室やバルコニーなどホテルの主要部分です。もちろんエグゼクティブラウンジに入れるのは一部のゲストだけでして、エグゼクティブルームを予約した方かマリオットボンヴォイのプラチナ会員の方のみになります。
エグゼクティブルームは通常のデラックスルームに+15000円くらいのお値段です。
私はゴールド会員なので本来ラウンジにはアクセスできませんが、チェックインの際の手厚い対応で特別にアクセスできるようにして頂けました。

そのチェックインの様子は前回の記事でお話しているので、気になる方はご覧ください。
関連記事:22歳生意気ホテラーがJWマリオット奈良のロビー・チェックインの様子を紹介 ホテルレビュー宿泊記 

フードプレゼンテーションの内容は以下の通りです。

  1. 朝食        7:00~11:00
  2. ご夕食前の前菜   17:00~20:00
  3. イブニングスナック 20:00~22:00
  4. カクテルタイム   17:00~22:00

一般的なように見えますが、ティータイム(アフタヌーンティ)のような設定はありません。
チェックインしてから、最初のフードプレゼンテーションは17時からのご夕食前の前菜になります。
ここは少し残念ポイントかもしれません。
もう一つJWマリオット・ホテル奈良のラウンジには特徴があって、ラウンジを利用できる方なら誰でも2時間まで無料でプライベートルームを使用できます。
通常ならお金がかかったり、人数の下限が設定されていたりするものですがありません。子連れの方やファミリーの方には嬉しいポイントです。
ちなみに、12歳以下の子どもは19時までしか利用できないため、利用されるならご夕食前の前菜か朝食時が良さそうです。

ちなみにラウンジには専用のコンシェルジュがいますが、1人だけで忙しそうにされててあまり機能していませんでした。

エグゼクティブラウンジの内装

本来なら17時からの案内ですが、チェックインしてから清掃待ちがあったので一足早くラウンジに案内して頂きました。

エグゼクティブラウンジ 入口

こちらがエグゼクティブラウンジの入り口、黒いカードリーダにルームキーをかざすと入れる仕組みです。
正直、かなり質素な入り口でびっくりしました。まるで会議室の入り口です。
突貫で作ったのか…?なんて不安を覚えつつ、中に入りましたがその不安はすぐ払拭されました。

エグゼクティブラウンジ メインルーム

中に入ると広々としたメインフロアがすぐに飛び込んできます。
フローリングの床にゆったりとした配置で家具が並んでおり、まるでアメリカセレブの家のリビングにお呼ばれされたような感覚になりました。
ホテルのラウンジといえばワンランク上の高級感ある空間を演出しているところが多いですが、JWマリオット・ホテル奈良では家のリビングのようにくつろげる空間を目指していることが伝わります。

写真の右手奥もテーブルがあり、さらにその奥にはフードスペースがあります。

フードスペース側

フードスペース側から撮った写真です。
棚にはインテリアが飾られています。写真からもわかる通り、ラウンジスペースに対しての席数は少ないですが、158室という室数を考えれば十分な席数でしょう。
滞在中は、開業直後でホテル内は終始混雑していましたが、ラウンジが満席で待ちが発生することはありませんでした。

エグゼクティブラウンジのドリンク・アルコール

エグゼクティブラウンジ ドリンク

ドリンク類は冷蔵庫にはいっており、普通の冷蔵庫なので外から何が入っているか見ることはできません。
写真には写っていませんが、ここにプラスしてオレンジジュースがあります。…これだけです。
ソフトドリンクはほぼ炭酸飲料しかありません。
もう少し、ジュース類が多いと嬉しいですね。

コーヒー・紅茶

冷蔵庫の反対側にはコーヒーや紅茶があります。
紅茶はお部屋に置いてあるJWマリオット・ホテル奈良と同じブランドです。

続いては17時~22時まで提供されているアルコールです。

アルコール

シャンパン

カクテル類や、シャンパン、あとはドリンクがあった冷蔵庫にはビールが並んでいました。
ビールのラインナップはお部屋のミニバーと同じですが、JWマリオット・ホテル奈良オリジナルのクラフトビールは18時頃にはなくなっていました…(笑)

シャンパンを頂けるラウンジは珍しいですが、少し種類が少ない感じも否めないです。もう少し日本のお酒があると嬉しいです。

エグゼクティブラウンジのご夕食前の前菜

サラダ・チーズ類

サラダバーにチーズ類、あとは蒸し野菜とスープ、パエリア(?)です。
写真にはありませんが、パスタや、ケーキが3種類ほどありました
。正直思っていたよりかなり少なかったのと、メニューは野菜中心です。
もちろん、あくまで夕食前の前菜なのでちゃんと食べれるわけではないのですが、寂しい印象でした。

エグゼクティブラウンジのイブニングスナック

イブニングスナック

メニューは若干変わっていましたが、ほぼ同じです。
味付けが変わっているのかな?程度です。追加されたのはフライドポテトだけでした。
フライドポテトなんて子どもが入れる夕食前の前菜時に提供したほうがいいのではと思うのですが…

エグゼクティブラウンジの朝食

朝食1

朝食4

エッグステーションがあり、中の好きな具材を選んでオムレツを焼いてくれます。

朝食2

朝食3

前日のメニューから朝食は少し不安でしたが、メニューも充実していて安心しました。
一般的なメニューですが、気持ち和食は少ないように感じます。

朝食は8時半ごろの1番混みそうな時間帯に行きましたが、それでも混雑することはなくゆったり朝食を楽しめました。

朝食 とったもの

オムレツはできたてでおいしかったですが、厳しめにいうと特筆するようなメニューはなく…。
個人的にはパンが冷たくてふわふわ感がなかったのが残念でした。

正直、パンは今まで行ったホテルで1番おいしくなかったです。
もう少し、せめて温かい状態で提供してもらえると嬉しかったです。

まとめ

JWマリオット・ホテル奈良のエグゼクティブラウンジの紹介でした。

関西にもさまざまなホテルラウンジがありますが、落ち着いたリビングのような仕上がりの空間は他にはない魅力だと思います。
素敵な空間に仕上がっているのでぜひ、体験して頂きたいです。

 

ただ、フードプレゼンテーションに関しては今まで利用したラウンジで1番手薄と感じました。
恐らく、開業したばかりのバタバタで本来より手薄になっていたのでしょう。
メニューも野菜が中心でたんぱく質系はハム程度でした。正直、この内容に+15000円払うのは難しいです。

料理がもっと良くなれば最高のラウンジに間違いないので、今後に期待したいです。

「JWマリオット・ホテル奈良」のお部屋やロビー、詳細情報などその他の記事はこちら

本ブログでは20代で旅行の選択肢を増やしたい、ワンパターンな旅行から卒業したいをテーマにホテルレビューや若者向けお得情報を発信しています。
もし興味のある方は「ホテルの記事一覧」よりご覧いただけると嬉しいです。

ご覧頂きありがとうございました。