【作品紹介】1/144 HGUC バウンドドック(ゲーツ機)の改修ポイントの紹介

アイキャッチ

今回は私が製作した「1/144 HGUC バウンドドック」の主な製作ポイントをご紹介していきます。

2020年10月発売の、待望のキット化です。
1/144ながらも、大ボリュームかつ作りやすく出来のいいキットでした。
今回はそんな「HGUC バウンドドック」をゲーツ機カラーで仕上げました。
のっぺりしがちなスカートを中心に、ディテールアップや塗り分けを追加し、スタイルも細かく変更してみました。

同キットの製作の参考にして頂けたら嬉しいです。
それではご紹介していきます。

バウンドドック(ゲーツ機)のカラーリング

ポージング

元キットは目がちかちかするような、奇抜なカラーですが、ゲーツ機は比較的地味なグレー単色です。
そこで今回は、ゲーツ機カラーで仕上げるにあたり差し色を多めに入れることにしました。
スカートなども3色で塗り分け、変化を持たせています。

以下、塗装レシピになります。

  1. 関節色:メカサフ ライト
  2. 関節色2:NAZCA ジョイントグレー
  3. 外装グレー1:ニュートラルグレー2
  4. 外装グレー2:佐世保海軍工廠標準色

今回、下地は関節以外はサーフェイサーエヴォを使用しています。
サーフェイサーのポイントや、私が良く使うオススメサフは別記事で解説しているので、興味のある方はご覧いただけると嬉しいです。
関連記事:ガンプラに使える4つのラッカー塗料【サフ・下地編】

バウンドドック(ゲーツ機)の頭・胴体改修ポイント

頭・胴体

頭部の改修ポイント

頭部は、アンテナをシャープ化。
モノアイはハイキューパーツ VCドームに変更しています。
また、首部分の合わせ目処理を行いました。

胴体の改修ポイント

胴体は腰と腹部の接続部分で、1mmプラ板で延長しています。

スカートは、スジボリでモールドを追加しました。
モールドに合わせて細かく色分けを行い、プラチップなども追加しました。
後ろスカート部分の穴は、開口しメリハリを付けました。

バウンドドック(ゲーツ機)の腕改修ポイント

腕

左腕の改修ポイント

左腕は全体に大きく合わせ目が出るため、後ハメ加工を行い合わせ目処理をしています。
全体にアンバランスさを出したかったため、左腕だけ二の腕部分を1mm延長しました。

また、アーム部分に肉抜き穴があるため、エポパテで埋めています。

右腕の改修ポイント

右腕は胴体から肩が少し離れてるように感じたため、接続部分を削り込み縮めています。

右手のライフルも合わせ目が出るため、合わせ目処理を行いました。
センサー部分にはハセガワ ホログラムシートを貼り付けています。

バウンドドック(ゲーツ機)の脚改修ポイント

脚

脚は足首部分を1mmプラ板で延長。
腰との接続部分を削り込み、立ちポーズが綺麗に決まるようにしています。
足首のアーム部分に肉抜き穴があるため、エポパテで埋めています。

また脚も合わせ目が出る箇所があるため、合わせ目処理を行いました。

まとめ

飛行形態

「バウンドドック(ゲーツ機)」の改修ポイントのご紹介でした。

HGUCの中では大型キットでボリュームもありましたが、変わった形状が多く作っていて新鮮でした。
少し合わせ目や肉抜き穴が多いのが気になるものの、ポージングもよく決まりますしいいっキットでした。

普段作らないような機体なので、いい経験になりました。

本キットの製作について、気になる点や疑問点があれば気軽にお問い合わせください。
また本ブログでは他にも、模型のHowtoや私が製作した作品のポイント紹介などを行っています。
興味のある方は「模型の記事一覧」より、ご覧いただけると嬉しいです。

ガンプラの製作代行についてはこちら

ご覧いただきありがとうございました。